Blog

  • June 06,2021

    最近は色々な撮影がございまして・・・

    結構面白いブツ取りのお仕事や、空間撮影のお仕事が続きました。
    (どちらも内容は言えませんが)

    写真の仕事をしていると、大きく分けて3タイプの仕事があることに気付きます。


    一つは、じっくり考えて、情報をもらって、予測して、検証しながら進める仕事。

    「このアングルに揃えて欲しい」
    「ここのハイライトちょっと動かせますか」
    「もう少し立体感を出したい」

    ということにしっかり応えつつ、被写体の美しいところや特徴を見つけて、より良くしていく撮影。
    どこからどう光を当てれば美しくなるか考えるのがとても楽しい撮影です。


    二つ目は、瞬発力と偶然性を活かす仕事。

    これはスナップ的なお仕事に多いですが、スタジオでの人物撮影でも言えることです。
    形の定まらないもの(人や様子)に対して、ここが綺麗。ここがかっこいい。
    と思えるところに瞬時に押す。

    プロのフォトグラファーは大体の人が、「その瞬間を絶対に逃さない!!」的なことをいいますが、
    事前によく見ていて、コレがいい。素敵。だから次にさらにいいのが来たら、押す!と思っているから
    撮れるのですね。
    こちらでも予測が求められますが、良いと思ったら押せ!というのもアリかも。
    そして、カメラを通している以上、自分の押しているタイミングに対して、絶対にタイムラグがあるのです。
    その偶然性をさらに上手に扱えると、最高だろうな・・・と思います。


    常に上手くなりたい藤岡でした。
    (写真は先日の撮影で、シビアな撮影の商品の調整に入るアシスタントゆうまくん。)

  • May 05,2021

    ちょっと懐かしい仕事をご紹介。

    個人事業主として独立して割とすぐくらいの時に、今でもよくご一緒させてもらうADの方とのお付き合いのきっかけになった仕事。
    ちょうど数日前に一緒に撮影をやっていた時に懐かしい話になり・・・。

    当時の私はゴリゴリの営業をかけるフォトグラファーとして周りに認知されていたようで、それで若干引かれて仕事につながらないということもあったのでは・・・と今でも反省することがあるのですが、そんな中、ブックを持って行って見てもらって、なんならテスト撮影までするから見て!みたいな暑苦しい自分に、その熱量以上で返してくれた方です。

    製品のコンセプトを伝えるために、相当な枚数の企画書を作り上げ、お客さんにプレゼンし、勝ち取ってそれをスタッフ陣にまでしっかり落とし込んで、良いものを作る。
    その姿勢がめっちゃ好きなのですが、それがしっかりビジュアルに反映された仕事になったなと今でも思い出す仕事です。

    今でもメーカーさんのショールームの大きな壁にどーんと貼られています。

    ありがたや!!